メニエール病とめまいの関係

メニエール病の発作の最も基本的な症状がめまいです。メニエール病では強い回転性のめまいが起こり、それに付随して他の症状も現れるため非常にやっかいなものです。メニエール病を患っている人はこのめまいさえなければもう少し支障なく日常生活を送れるのに…と考える人も多いでしょう。この特徴的なめまいは、メニエール病の実態であるリンパ水腫から直接もたらされている症状です。

 

内耳のリンパ液に問題があると非常に起きやすい問題がこのめまいです。人間の平衡感覚は、内耳の細胞がどれだけリンパ液に浸かっているかによって現在の体の傾き・角度などの情報を得ていますが、メニエール病になると常に内耳にリンパ液が溜まってパンパンな状態となっているため、平衡感覚に関する情報が正常に得られなくなっています。したがって、メニエール病では発作時のみならず平時からめまいが起こることが少なくありません。もちろん、発作時には極端に強いめまいに襲われ、立っていることさえ叶わなくなります。

 

メニエール病のめまいは内耳のリンパ液の量を減らすことで改善できるほか、市販の乗り物酔い薬などでも一部改善が見られる場合があります。しかし根本的には、やはりメニエール病そのものを治してしまうしか対処法はありませんので、一刻も早い完治のためにしっかり病院で治療を受けるようにしましょう。対症療法に留まることなく、根治のための治療を受けることが重要です。